2010年04月20日

6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい−裁判員制度意識調査・最高裁(時事通信)

 昨年5月からスタートした裁判員制度について、64%の人が実施後に司法をより身近に感じるようになったと答えたことが16日、最高裁が公表した「裁判員制度の運用に関する意識調査」で分かった。裁判結果に国民の感覚が反映されやすくなったとした人も62.6%いた一方、参加意欲は制度開始前からほぼ横ばいだった。
 調査は1〜2月、全国で20歳以上の男女計2037人に個別面接して実施した。制度開始後の最高裁の調査は初めて。 

医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会(医療介護CBニュース)
直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)
<仙谷担当相>「介護福祉士試験を柔軟に」認識示す(毎日新聞)
街頭犯罪の発生件数で大阪がワースト1を暫定返上(産経新聞)
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)
posted by シヨウジ マサヒロ at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。